「腸内フローラ」が今注目されてると聞いて

テレビを観ない生活を送っている筆者は時代に乗り遅れることが頻繁にあります。

「ほら、あのCMにでてる・・・」っと言われても全く分かりません。

そんな筆者が最近見つけた「腸内フローラ」というキーワード。

なにやら、腸内フローラを整えることでダイエット効果もあるようですね。

そんな時代遅れな筆者の腸内フローラメモをご覧ください。

スポンサーリンク
広告

腸内フローラとは?

私たち<ヒト>の腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、数百種600兆個以上。

特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。

顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。

腸内細菌の種類や数は食事や生活習慣・人種・年齢などにより異なるため、『腸内フローラ』も人それぞれ違います。

引用:ビオフェルミン製薬株式会社 HP

要するに「腸内菌の群れ」でしょうか。

この群れの中に「善玉」と「悪玉」と「日和見」を呼ばれる三種類の菌がいるようです。

善玉と悪玉は読んで字のごとくですが、日和見は「優勢な方に味方する」菌です。要するに長いものに巻かれるタイプ。

要するに、善玉菌を増やせば、日和見金も味方してくれるということになりますね。

例えば、善玉2 悪玉1 日和見7 になれば、日和見菌が味方してくれるので、9対1で善玉優勢になります。

「それなら悪玉菌をなくしてしまえばよいではないか」と思うかもしれませんが、そういうわけにもいかないようです。

善玉菌と悪玉菌が戦うことで、善玉菌の効果が出るということです。働かない善玉菌では効果がないということですね。

悪玉菌も人間には必要ということで、腸内フローラのバランスが大切ということです。

腸内フローラを整えるには?

適度な運動

やはり、運動は大切ですね。運動することで、腸内フローラが活性化します。ここで、大事なのは「適度な」運動です。

ランニングよりもウォーキング、筋トレよりも軽い腹筋の方がいいみたいです。

ウォーキングなんてしてる時間ないよという方は、通勤時に最寄り駅まで自転車を使っていたのを歩いていく、買い物行くのに歩いていく、など始めやすく続けられるところから始めてみてはいかがでしょうか

また、腹筋も1日10回でもいいので、布団に入って寝る前に腹筋してみてください。

食生活

運動よりもこちらが大切な気もします。一日三食きっちり食べるだけではダメで、何を食べるかが大事です。要するに、量より質ですね。

具体的になにを食べればいいのか?

腸内を整えるといえば、真っ先に「ヨーグルト」が思い浮かぶと思います。しかし、ヨーグルトはあまりオススメではありません。確かに、腸内フローラを整える効果はありますが、動物性乳酸菌が含まれているため、効果に個人差があります。効果がなかったり、便秘になったり、逆におなかを下したりします。

個人差が出ずに、腸内フローラを整える効果があるものは、

納豆・キムチ・ぬか漬け・味噌

があげられます。

これらには善玉菌を増やすための乳酸菌が含まれています。

さらに、善玉菌の働きを助けるために、食物繊維が効果的です。

きのこ類・海藻類・オクラ・納豆・山芋・ゴボウ

を摂取するといいでしょう。

ここまで見ると和食がよさそうに見えますね。特に、納豆には乳酸菌も食物繊維も入っているので腸内フローラにとてもよさそうです。

サプリメント・ドリンク

手間をかけずに必要な成分を必要なだけ摂取するのにサプリメントや青汁などのドリンクは有効です。

手間がかからない分、お金がかかります。また、食生活など改善しないままサプリを飲んでも、サプリを飲まなくなった途端に以前の体に戻ります。

サプリメントもいいですが、食生活や日々の運動を見直した方が、腸内フローラ以外にも健康にいいと思います。

腸内フローラのバランスを整える簡単レシピ

食生活の見直しで腸内フローラを整えていく方針をとります。

具体的な食材は上に紹介しましたが、それをどう食べればいいのかレシピを調べました。

しかし、「これらをミキサーにかけて」「オーブンで焼きます」と言われても、ミキサーなんて独身男の家にないわけだし、男の料理にオーブンなんてオシャレなものは登場しないのです。

そんなわけで、ミキサーやオーブンなんて使わずに、簡単にできるレシピで腸内フローラを整えたい私とあなたのために、レシピを紹介します。

納豆チャーハン(1人前)

ごはん:茶碗一杯程度

卵:1個

玉ねぎ:1/4玉

ソーセージ:1本(なくても可)

納豆:1パック

ウェイパー:適量

1、玉ねぎとソーセージを細かく切ります。

2、切った玉ねぎとソーセージをフライパンで炒めます。

3、玉ねぎの色が変わってきたら、一度器にあげます。

4、といた卵をアツアツのフライパンに投入し、すぐにごはんを投入します。

5、卵とごはんが炒められたら、器にあげた玉ねぎとソーセージをいれて混ぜ合わせます。

6、お好みで塩コショウをして、ウェイパーをいれます。

7、チャーハンが完成。ここに納豆を入れて少し炒めれば納豆チャーハンに早変わり。

コツは納豆を入れてから炒めすぎないこと。納豆のネバネバがすぐ焦げてしまいます。

納豆が苦手な方は、納豆の代わりにキムチをいれれば、キムチチャーハンになります。

納豆もキムチもいれてもおいしくいただけます。

これで、乳酸菌が摂取できますね。

ネバネバソバ(1人前)

・そば:1束

・オクラ:1パック

・納豆:1パック

・長芋:適量

・なめたけ:適量

・麺つゆ:適量

1、そばを湯がいて冷水にさらしておく。

2、オクラは輪切りにし、長芋はすりおろす。

3、そばの水をよくきり、器にいれ、その上に具材を盛り付ける。

4、麺つゆをかけて出来上がり。

ネバネバ好きにはたまらないそばです。お好みで、ネギや刻みのりをかけると、さらにおいしくなります。

まとめ

・腸内フローラは善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが大切!

・腸内フローラのバランスを整えると、ダイエット効果もある!

・腸内フローラのバランスを整えるには、適度な運動・乳酸菌・食物繊維!

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする