「苦汁」をなめるのか「苦渋」をなめるのか 難しい日本語

日本語は尊敬語やら謙譲語やら難しい言語ですね。

普段テレビは観ない生活なのですが、たまたま観た番組で面白い特集をしていたので、記事にしてみようと思いました。

スポンサーリンク
広告

なめるのは「苦汁」と「苦渋」どっち?

どちらも「くじゅう」と読む「苦汁」と「苦渋」。

正解を先に言っておくと、なめるのは「苦汁」です。

「苦汁」はなめて、「苦渋」は味わうもの

「汁」はなめて、「渋い」(しぶい)は味なので味わうもの、と覚えるといいと思います。

詳しく書くと、「苦汁」は苦い経験を意味して、「苦渋」は苦しんで悩む、ことを意味しています。

言葉でいう場合は特に気にせず使えますが、メールなど文字で使う場合には気を付けましょう。

「くじゅう」以外にも同音異義語がたくさんあるので、この機会に調べてみたら面白いかもしれません。

どうして日本語は難しいのか

外国人にとって日本語をマスターするのはとても難しいといわれています。

特に英語を母国語とする人には最難関の言語だともいわれているようです。

その理由に日本語の難しさがあるのではないでしょうか。

話し言葉と書き言葉

多言語にもあると思いますが、日本語は特に「話し言葉」と「書き言葉」の違いが大きいと言われています。

日本語教室に通う外国人で、日本語がペラペラな人でも、文章を書くとちぐはぐになってしまうそうです。

敬語など微妙なニュアンス

敬語は日本語の難しいところでもあり、いいところでもあると思います。

外国語にももちろん敬語の表現はありますが、日本語ほど多彩ではないようです。

「年上の後輩」、「年下の先輩」、「同輩だけど初対面」など相手との関係に応じて、敬語を使い分けられるのが特徴です。

漢字の読みが複数ある

そもそも、ひらがな・カタカナ・漢字を使っていてややこしいのに、さらに漢字の読み方が複数あるのが日本語の難しさだと思います。

漢字には音読みと訓読みがあります。さらにそれぞれに何通りかの読みがある漢字が多いです。

単純に100個の漢字を覚えたいなら、その読みも覚える必要があるので、3倍4倍の暗記が必要になりますね。

この点で、中国の方は日本語をマスターするのが速いと言われています。

美しい日本語

ここまで「日本語は難しい」とばかり言ってきましたが、日本語はその分美しいと思います。

上にも書いた通り、相手との関係によって微妙なニュアンスを使い分けられるなんてすばらしいと思います。

そんな美しい日本語だからこそ、正確に使っていきたいと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする