あたたかいソフトクリーム 60℃のホットクリーム

スポンサーリンク
広告

ホットクリーム

ネットやテレビで話題となっていますが、最高60℃でも溶けないソフトクリーム、「ホットクリーム」が金沢の研究所で完成したとのことです。

常温で溶けずに、電子レンジで温めなおして、ホカホカのホットクリームを味わうこともできます。

見た目は完全にソフトクリームなので、電子レンジで温めなおすこと自体に違和感を感じますが、ホットクリームが一般的になると、その違和感もなくなるのかもしれませんね。

ホットクリームの気になるお味は?

ホットクリームの原料は、卵白・水あめ・バニラエッセンスなどに凝固剤を独自の分量で配合しているそうです。この分量がとても重要で、少し分量が違うだけでソフトクリームのような形状にはならないみたいです。

原料からわかる通り、乳製品が使われていません。

そもそも、ソフトクリームは乳製品が使われているから溶けるのです。

ということは、ソフトクリームとホットクリームは見た目は一緒でも、味は全然違うものになりますね。

筆者自身は食べたことがないので、あくまで予想になりますが、いわゆるクリームのような味になっているのではないかと思います。

味に関しては、現在研究中のようなので、まだ「夏はソフトクリーム・冬はホットクリーム」というわけにもいかなそうです。

ホットクリームはトッピングに使う

ホットクリーム単体では、まだソフトクリームのようにおいしく食べれないようなので、現段階ではトッピングに使うといいかもしれません。

たとえば、ぜんざいなど温かいスイーツのトッピングに使えそうです。アツアツのぜんざいにアイスをトッピングするのは難しくても、ホットクリームならいけそうな気がします。

他には、焼き立てのパンにはさんで、アツアツのパンとホットクリームなんていうのもできそうですね。

まだ、商品化されていないので、今後の改良に期待しましょう。