宇宙世紀年表#5 U.C.0088~0089 第一次ネオジオン戦争

スポンサーリンク
広告

はじめにお読みください

この宇宙世紀年表については#1に記載していますので、そちらをはじめにお読みください。

宇宙世紀年表#1 U.C.0001〜0078
はじめにお読みください 「宇宙世紀」とはガンダムシリーズの中に出てくる架空の年号です。この宇宙世紀年表は、ガンダムは好...

U.C.0088~0089

U.C.0088

グリプス戦役で漁夫の利を得たアクシズはジオン再興をすすめていく。

2月

グリプス戦役が終結する。

グリプス戦役で被害を最小限に抑え、業負の利を得たアクシズは、ジオン再興を宣言する。ネオ・ジオンと改称し、各サイドに制圧部隊を派遣。

3月

エゥーゴアーガマは、補給と艦の修理のためサイド1、1バンチコロニー、通称「シャングリラ」に寄港する。

このシャングリラは、史上初のシリンダー型コロニーとして建設されたが、U.C.0088当時は経済的にも政治的にも悪化しており、治安は最悪の状態だった。

シャングリラにネオ・ジオンの先遣艦隊エンドラが入港する。補給と修理が完了していなかったアーガマはコロニー内に潜伏するが、ネオ・ジオンに察知される。

ネオ・ジオンの攻撃を受けながらも、アーガマはシャングリラを脱出する。

その後、アーガマは、アナハイム・エレクトロニクス社の研究開発施設兼自走ドック艦ラビアンローズから、ZZガンダム(ダブルゼータガンダム)を受領する。

ラビアンローズの動きを察知したエンドラは、これに襲撃をかける。アーガマの助けもありエンドラの攻撃から逃げることができた。この時、アーガマの一部クルーがエンドラに投降している。

エンドラの追撃から逃れるため、アーガマはムーン・ムーンへ入港する。しかし、エンドラに察知され交戦する。

交戦の末、エンドラは撃沈、司令官は捕虜となる。

アーガマは再びラビアンローズへ帰還する。

4月

アーガマはラビアンローズを出航。改修の際に、ハイメガ粒子砲が配備される。

ZZガンダムのパイロットである、ジュドー・アーシタは単身でアクシズへ潜入し、投降したクルーを伴って帰還する。

5~6月

ジュドー・アーシタが、再度アクシズへ潜入。ZZガンダムごとアクシズへ投降してしまうが、アーガマへ帰還する。

アーガマはハイメガ粒子砲でアクシズを攻撃するが、傷を負わすことはできず。

この頃、アクシズ先遣部隊が地球へと降下している。

7~9月

アーガマは補給のためグラナダへ寄港するも、ネオ・ジオンと鉢合わせ戦闘となる。

グラナダの港が爆撃されるなど激戦となったが、アーガマはなんとかグラナダを出航すし、地球を目指す。

ネオ・ジオン本隊が地球侵攻を開始したころ、アーガマはアフリカ西海岸に到着していた。

地球連邦の首都ダカールがネオ・ジオンに占領され、旧ジオン軍やティターンズの残党がネオ・ジオンの配下に加わる。

ダカール奪還のため、アーガマは2部隊に別れ挟撃作戦を実行する。挟撃作戦にカラバも加わり、攻撃を開始。

ネオ・ジオン軍はダカールから撤退する。

一時的ではあるがダカールを占領された連邦政府は、ネオ・ジオンにサイド3譲渡の方針を固める。

10~12月

ネオ・ジオンがダブリンへのコロニー落としを実行。

アーガマとカラバはこれを察知するも、すでに手遅れであったため、住人の救出を優先する。察知した翌日、コロニーはダブリンへと落下する。

コロニー落としを成功させたネオ・ジオンは宇宙の制圧に取り掛かる。

ノルウェーにあるカラバの基地にアーガマを預け、クルーはシャトルで宇宙へと出て、ラビアンローズに到着する。

新たな戦艦、ネェル・アーガマを受領するが、ネオ・ジオンの攻撃を受け、出向時に艦長ブライト・ノアが取り残される。以後、ピーチャ・オレーグが艦長代理として指揮を任される。

ネェル・アーガマは正式にネオ・ジオン討伐の命を受け、サイド3へと向かう。

サイド3・24バンチ、通称タイガーバウムへ入港した頃、サイド3はネオ・ジオンへ譲渡された。

サイド3譲渡を受けたネオ・ジオンは地球から撤退を始める。

その時、ネオ・ジオン内で謀反が起こる。ハマーン・カーンのすきを突き、グレミー・トトによりアクシズが乗っ取られる。

U.C.0089

1月

ハマーン軍とグレミー軍が激突。ネェル・アーガマは、ハマーン軍に加勢することとなる。

グレミー軍の攻撃からネェル・アーガマを守るため盾になったラビアンローズが轟沈する。

グレミー軍はニュータイプ部隊の投入など、激戦が繰り広げられたが、アクシズのサイド3激突に巻き込まれ、グレミー・トトが戦死し、グレミー軍は敗北する。

ハマーン軍とネェル・アーガマとの戦いは、ハマーン・カーンのキュベレイとジュドー・アーシタの一騎打ちとなる。ジュドー・アーシタはこの一騎打ちに勝利し、ハマーン・カーンは戦死する。

この戦いの中、ミネバ・ザビは行方不明となる。

ここまでの一連の紛争を、第一次ネオジオン戦争と呼ぶ。

また、アニメシリーズでは「機動戦士ガンダムZZ」の舞台となっている。

参考・引用元:

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする