宇宙世紀年表#6 U.C.0090~0093 第二次ネオジオン戦争

スポンサーリンク
広告

はじめにお読みください

この宇宙世紀年表については#1に記載していますので、そちらをはじめにお読みください。

宇宙世紀年表#1 U.C.0001〜0078
はじめにお読みください 「宇宙世紀」とはガンダムシリーズの中に出てくる架空の年号です。この宇宙世紀年表は、ガンダムは好...

U.C.0090~0093

U.C.0090~0091

連邦政府は、一年戦争などの難民収容施設としてスウィートウォータを建設する。

また、外郭新興部隊として、ロンド・ベル隊設立。ロンドベルには、ブライト・ノア大佐やアムロ・レイ大尉も参加した。

ロンドベルは地球連邦軍に属するが、その管轄は多岐にわたり、独立部隊として機動力を生かした作戦を実行する。しかし、旧ハマーン派や反連邦活動の弾圧を目的として結成されたため、スペースノイドからの反発は大きかった。

U.C.0092

シャア・アズナブルはネオジオン総帥につくと、スウィートウォータを占拠し、地球連邦に対し、攻撃を示唆する。

これを受けた連邦軍は、ロンドベル隊を増強する。

U.C.0093

シャアのテレビ番組内でのインタビューで事実上の宣戦布告がなされ、ネオ・ジオン軍がスウィートウォータから発進する。

ネオ・ジオンは小惑星5thルナ(フィフスルナ)を地球に落下させる。

さらなる地球への攻撃をおそれた地球連邦は、秘密裡にネオ・ジオンに和平交渉をもちかける。

ネオ・ジオンはアクシズを買い受けることを条件にこれをを承諾した。

安堵した地球連邦をしり目に、ネオ・ジオンはアクシズを地球への落下軌道にのせる。

ロンドベルとの激闘の末、アクシズは爆破され落下を阻止したかに見えたが、二つに分断された一方が地球落下軌道にのったままであった。

誰もが、アクシズの地球落下を確信した時、虹の光がアクシズを押し返した。(アクシズショック

ここまでの、シャア・アズナブル率いるネオ・ジオンの反乱を第二次ネオ・ジオン戦争という。

この第二次ネオ・ジオン戦争は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」として映像化されています。

第二次ネオ・ジオン戦争終結後シャア・アズナブルは行方不明となり、ネオ・ジオンの残存は、サイド6宙域の資源衛星パラオに潜伏した。

参考・引用元:

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする