ラップに書けるペン ○○に書けるペンの紹介!

スポンサーリンク
広告

ラップに書けるペン

サランラップをつくっている旭化成が開発して、現在話題となっている「ラップに書けるペン」。

お肉を小分けにして冷凍する時などはもちろん、おにぎりをラップで包んでデコレーションもできるおもしろいペンです。

今までは油性ペンや水性ペンを使っていたかと思いますが、電子レンジで温めるとインクが溶けてにじんでしまっていました。

このラップに書けるペンは電子レンジで温めても大丈夫です。

色は「緑・黄・白」セット、「赤・青・黒」セットと6色セットがあります。

ロフトや東急ハンズの店頭販売、Amazonや楽天のネット販売があります。

TwitterやInstagramでみんなの使い方募集キャンペーンをしているので、気になった方は除いてみてください。

「サランラップ®に書けるペン」を使ってサランラップ®に書いたあなたのアイデア写真を、Twitter、Instagram、Facebookにシェアしよう♪

○○に書けるペン

写真に書けるペン

アルバムなどで写真にデコレーションするといえば、やはり「POSCA」ですね。

紙に書いても裏写りせず、重ね書きもできる優れもの。

水性インクなので、乾くと耐水性があり長持ちします。

布に書けるペン

「布なら何でも書けるじゃないか」という声が聞こえた気がしますが、マービーの「ふくらむ えのぐ」は少し変わったペンです。

このペンは、書いた部分を温めると、その名の通りふくらんでワッペンのようになります。

さらに、絵具ということは混色も可能です。

また、熱を加えた後は耐水性があるので洗濯しても大丈夫です。お子さんの幼稚園カバンなどにも使えますね。

もちろん、布だけでなく紙や木にも使えます。

マスキングテープに書けるペン

マスキングテープでデコレーションして、さらにテープの上に文字を書こうとしたら、インクがはじいて上手くいかないことがあります。

そんな時は「マッキーケア」か「プロッキー」を使いましょう。どちらも極細タイプを使えば細かい字も書けます。

マッキーは油性、プロッキーは水性となっています。

ガラスに書けるペン

「蛍光ボードマーカー」を使えば、ガラスや鏡をデコレーションすることができます。

乾拭きでは消えないので、少々こすれても大丈夫です。(水拭きで消せます)

窓にクリスマスのデコレーションをしたり、贈り物のビンにメッセージを書いたりと意外と便利なペンですね。

一生書けるペン

「Forever Pininfarina Cambiano」(フォーエバー ピニンファリーナ カンビアーノ )という、インク不要で書けるペンがあります。

原理は、ペン先の合金チップが摩擦で付着して書けるようです。

線は鉛筆のような見た目ですが、消すことができません。インク交換不要のボールペンという感じですね。

「でもお高いんでしょ?」とお思いのあなた。その通りです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする