2016年は復刻版の年だったと思う師走の日

スポンサーリンク
広告

月日は百代の過客にして・・・

時が過ぎるのが年々早く感じるようになってきました。

早いもので2016年も終わりそうな今日この頃です。

今年はなにがあったかなっと思い返していると、今年は「復刻版」がいろいろ話題になっていた気がします。

年のせいか「復刻版」を見ると懐かしい気持ちになってしまいます。

今年の総括という意味もこめて、復刻版について書いてみようかと思います。

今年話題になった復刻版

写ルンです

富士フイルム「写ルンです」。おひさしぶりの人も、はじめましての人も、「写ルンです」を手にとってドキドキしてください。

「写ルンです」発売30周年を記念して、「写ルンです30周年記念アニバーサリーキット」が発売され話題になりました。

間違いなく80年代、90年代の生活を支えた写ルンです。

小学校の修学旅行には、みんな持ってきていたのを思い出し、懐かしくなりました。

ホームページの写ルンですの歴史を見てさらに懐かしくなりました。

富士フイルム「写ルンです」。30年の歴史を振り返ります

フラッシュをたくときの「キュイーン」って音とか思い出します。

パノラマ対応や防水仕様など色々な種類がでていましたが、デジカメやスマホの普及で現在販売されているラインナップはかなり縮小されています。

そんな写ルンですが再ブレイクしています。

デジイチの低価格化や軽量化により、写真女子がブームになりました。そこに、レトロなものの再ブレイクが重なったように思います。

手軽に撮れるが、現像するまでどんな写真が撮れたかわからないワクワク感など、若い世代には新しい感覚だったのでしょう。

昔は現像してみたら、暗すぎたり指が写ってたりでほどんどいい写真がなくてガッカリしたこともあります。

ちなみに、写真屋さんによっては写ルンですをデータとしてディスクにいれてくれるところもあるようです。これならSNSやブログなどでつかえますね。

ファミコン

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の公式サイトです。

今年一番話題になったのは、「ニンテンドークラシック ミニ ファミリーコンピュータ」でしょうね。

手のひらサイズのコンパクトな本体で、接続はHDMIケーブルのみでプレイできます。

このお手軽さと30タイトル収録というボリュームはとてもうれしい。

さらに、リセットボタンを押せばセーブもできてしまいます。

昔は赤白黄端子すらなく、よくわからないケーブルをテレビの裏から引っ張っていましたが、いまではHDMIでモニターと接続して、電源はUSBから取れるなんて、時代は進んでいますね。

カセットをフーフーしたり、足があがって画面がバグってしまったのはいい思い出ですね。

品薄状態が続いているので、ネットオークションなどでかなりの高額で取引されているのでご注意ください。

希望小売価格は¥5,980になっていますが、現在では¥10,000以上出さないと手に入らないかと思います。

カセットは持ってるから本体が欲しいというかたは、「FCボーイ」というものもあるので一度チェックしてみてください。

Amazonでのファミコン互換機 FCボーイin 88ゲーム (SAN-EIホビーシリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またファミコン互換機 FCボーイin 88ゲーム (SAN-EIホビーシリーズ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

その他の復刻版

MP3などの時代にMDでもなくCDでもなくカセットテープです。

このカセットテープは46分なので、10曲程度しか録音できません。あらためて、何千曲と記録できる今の時代のすごさを感じます。

この他にもいろいろな復刻版があるので、調べてみると懐かしい気持ちになりますよ。

復刻版はなかったけど○○周年

ドラゴンクエスト

2016年に誕生30周年を迎える『ドラゴンクエスト』シリーズの記念ポータルサイト。

2016年はドラクエ30周年の年でもありました。ドラクエと写ルンですは同い年なんですね。

復刻版という動きはありませんでしたが、ドラクエミュージアムなど記念を祝したイベントなどが開催されました。

「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」のタイトルにも30周年記念のロゴが差し込まれていました。

2017年には新作の「ドラゴンクエスト11」の発売が予定されていることでも話題にになりましたね。

たまごっち

たまごっちが発売20周年の年でした。

欲しくても手に入らなかった思い出しかないたまごっちもついに20周年ですね。

20周年を記念してTamagotchi m!x (たまごっちみくす)が発売されました。

なつかしの初代たまごっちのキャラも登場するようです。

なんと、結婚して生まれるキャラも含めると、1億パターンのキャラがいるそうです。

たまごっちが20周年ということは、アレも20周年なのでは・・・

デジモン

デジタルモンスター(デジモン)の情報はオフィシャルポータルサイト「デジモンウェブ」で!?>

たまごっちが20周年なら、デジモンも20周年ですね。

女の子はたまごっち、男の子はデジモンでしたね。

たまごっちよりも先に通信機能を搭載し、対戦や合成ができたのも人気がでた理由かもしれません。

デジモン自体も人気でしたが、なんといってもアニメ「デジモンアドベンチャー」が大人気でしたね。

デジモン発売から2年後に放送が開始され、小中学生だけでなく大人にも人気がありました。

まとめ

復刻版がでると、当時のことを思い出して懐かしくなりますね。

2016年は復刻版が話題になりましたが、毎年何かしらの復刻版は出ているかと思います。

いろいろ便利な世の中になりましたが、一周回ってレトロものが話題になる世の中でもあります。

「古きを知り新しきを知る」といったところでしょうかね。