W3 Total Cacheが不死鳥のごとく蘇り削除できない件

スポンサーリンク
広告

キャッシュ系プラグイン

キャッシュ系プラグインを入れたら早くなるんでしょ?

私もそう思っていた時期がありました。

しかし、そんな簡単なものではありませんでした。

WordPress の運営を始めて1年後にしてようやく(満を持して!)、キャッシュ・プラグインを使い始めています。とは言っても、最初は 「アレが速い」 とか 「コレが良い」 などといった記事に目移りして、何をどう使えばよく分かりませんでしたが、ここらで私が理解出来ていることをまとめてみたいと思います。 下図は、サイト閲...

入れるのは簡単です。プラグインから検索してインストールして有効化をクリックするだけです。

しかし、不具合が起きた時に対処でいないと、導入したサイトは真っ白に燃え尽きてしまいます。

当ブログで起きたこと

ファーストインパクト

当ブログは「Simplicity」(シンプリシティー)というテーマを使わせていただいています。

テーマによって相性の悪いプラグインがあるのですが、当テーマはキャッシュ系プラグインの相性が悪いと聞いていたので避けていました。

ちなみに、そうとは知らずに開設直後に導入して真っ白に燃え尽きたことがあります。(ファーストインパクト)

気になるサイト速度

しかしながら、サイト速度は速い方が閲覧者の方々にとってはいいと思います。

診断ツールで調べてスコアが低いとどうしても気になります。

画像を圧縮したりと、いろいろ対策はしていても、診断結果に「キャッシュ」と書かれるとどうしても気になります。

そこでいろいろ調べていると、Simplicityで「W3 Total Cache」を利用する方法が書かれた記事にたどり着きました。

セカンドインパクト

この通りにすればいけると思い挑戦してみました。

いろいろ設定して、いざプラグインをインストール!有効化!

有効化と共に真っ白に燃え尽きました。(セカンドインパクト)

2回目の経験なので、またお前かといった感じでしたが。

FFFTP起動

管理画面も燃え尽きていたので、FFFTPでプラグインを削除するしかないです。

FTP設定をして、削除しました。

正確には、削除したように見えただけだったのです。

ブログは真っ白のままで変化なし、プラグインは消えないという状態でした。

不死鳥W3 Total Cache

削除したと見せかけて、不死鳥のごとく舞い戻ってきます。

試しに使っていないプラグインを削除したら、きれいさっぱり消えました。

これは何かあると思い調べました。

WordPressを更新したら真っ白に。。原因は「W3 Total Cache」というプラグイン WordPr…

wp-contents/
・advance-cache.php
・db.php
・object-cache.php
・w3-total-cache-config-preview.php

上記のファイルを削除する。

不死鳥はどこかへ飛び去ってゆきました。

簡単に言うと、プラグインを削除しても、プラグインが生成したファイルを削除しないと意味がないということですかね。

まとめ

どのプラグインもそうですが、特にキャッシュ系のプラグインは注意が必要です。

サイト自体が壊れ、管理画面に入れなくなります。

FFFTPなどで対処できない方は手を出さない方がいいです。

どうしてもチャレンジしたい人は、バックアップを取っていれば、最悪初期化してインポートすれば元には戻ります。

また、今回のように導入できた記事通りにしても、使っているサーバーによって相性が悪い場合もあるので、注意しましょう。

スポンサーリンク
広告