「医療者をイラつかせる一言」がお薬手帳の大切さを教えてくれた

スポンサーリンク
広告

Twittrend

Twitterで今話題になっているトレンドをランキングで教えてくれるサイトですね。

筆者もたまにながめるのですが、あまり詳しく調べたりしません。

しかし、ちょっと気になって見てしまったものがあります。

それが「 #医療者をイラつかせる一言」というもの。

気になったものたち

薬剤師関係

「薬剤師ってお薬袋に入れるだけなのに高給取りね」

「袋に入れるだけなのにこんなに待たせるのか!」

失礼ながら、医療者と聞いて思い浮かんだのは、医者と看護師でした。

薬剤師さんも医療者ですよね。

しかも、こんなこと言われてるなんて思ったこともありませんでした。

誇りを持って仕事されている方にこの言葉は失礼です。

薬剤師に限らず、ちょっとした業務でも誇りを持ってされている方に失礼のないようにしたいと思いました。

お薬手帳をもっていない

お薬手帳を持っていくのを忘れる人も多いかと思います。

そもそも、お薬手帳を持っていない人もいるかと思います。

筆者もよく忘れるので、気を付けないといけませんね。

飲み合わせなどがあるので、お薬手帳はかなり重要な情報です。

メディア関連

テレビで○○が言ってた!

ネットで○○と書いてた!

これはほんとによくありそうですよね。

テレビで見た情報が、自分の症状と当てはまるとは限りません。

ネットに関しては、そもそも情報が正しいかあやしいです。

せっかく病院に行ってるのだから、医者の診断を信じましょう。

患者関連

「何時頃行ったらすぐ診てもらえますか?待つの嫌いなんで」

「順番まだ?」

病院にいくと聞こえてくる看護師さんと患者さんの会話で耳にすることがあります。

たしかに、病院の待ち時間は辛いですが、それは皆同じ。

まとめ

この他にも気を付けないといけないなと思うことがたくさんありました。

病気でつらくてイライラするのもわかりますが、周りのことも考えないといけませんよね。

筆者は年に1回風邪をひくかひかないかぐらいなのですが、ひいたときはお薬手帳を忘れないようにしようと思いました。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする