大仏が見えるマンションが台湾に爆誕 オーシャンビューならぬ大仏ビュー

スポンサーリンク
広告

大仏ビューのマンション

台湾といえば、以前ねじれたマンション「陶朱隠園(タオヂュインユェン)」が話題となりました。

これがマンション・・・? 台北のねじれたマンション「陶朱隠園(タオヂュインユェン)」
ねじれたマンション「陶朱隠園(タオヂュインユェン)」 画像引用:熊谷組ホームページ 台湾の台北市に、現在建設中の...

その台湾でまたマンションが話題となっています。それは「全室大仏ビューのマンション」です。

大仏マンション

画像引用:tt.mop.com/16254762.html

なんとマンションのすぐ隣に大仏があるというなんとも珍しいマンションです。オーシャンビューならぬ大仏ビューとネットで話題となっています。

大仏の高さは6階相当で、窓から大仏の顔が見えるそうです。御利益がありそうだけど、ずっと見られているようでなんとも複雑な気持ちになりそうです。

なぜ大仏が隣接しているのか

大仏マンション

画像引用:tt.mop.com/16254762.html

この建造中の建物はマンションと言われていますが、実はオフィスビルです。なので、一般の居住物件ではないようです。

そして、この大仏は大仏建造専門の企業の工場に広告塔として建てられた大仏のようです。その工場が手狭になったため、隣にオフィス兼工場を新設中とのことです。

そのため、大仏ビューのビルとなったようです。

建設完了後はどうなるかわかりませんが、取り壊される可能性もありますね。新しく建てたオフィスに新設するかもしれません。

この企業は画像にもあるように「聖光仏像」というようで、日本の仏像も何体かこの企業がかかわっているようです。

まとめ

なにかと話題になる台湾。前回は高級さとねじれた見た目のマンションが話題になりました。

今回は大仏が見えるオフィスビルです。SNSなどの影響で地元の人しか知らないようなことも世界中で話題になるようになっておもしろいですね。

まだまだ、世界にはもっとおもしろい建物がありそうです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする