安くておいしい天丼チェーン「さん天」 メニューや店舗のご紹介

さん天とは?

画像引用:sato-res.com/santen/

390円の海老天丼が看板メニューの天丼チェーン店。

イメージとしては、なか卯や吉野家の天丼バージョンといったところでしょうか。お店に入って食券を買うので、清算など面倒なこともなくパッと入って、サッと食べられるので、時間のない昼休みなどにも便利かもしれません。

注目すべきは安さ!看板メニューの海老天丼が390円!

さらに、野菜天丼・39天丼の準看板メニューも390円です。

どうせ量が少ないんじゃないのと筆者も疑っていましたが、量は十分でした。牛丼チェーン店の並盛を思い浮かべてください。あれと同程度の量です。

天ぷらが少なくてご飯だけ残ってしまったりもしません!

最近「さん天」に行くようになったのですが、もっと早くに知ってればと思ったほどです。

もちろんテイクアウトも出来ますし、最近はWebで宅配もしてくれるようです。

ちなみに、経営しているのは「和食 さと」や「すし半」でお馴染みのサトレストランシステムズ株式会社です。

なので、「宮本むなし」や「かつや」と兄弟みたいなものです。

天丼・天ぷら本舗 さん天|390円の「海老天丼」が主力の天丼・天ぷら専門店

さん天の特徴

安い!

上にも書きましたが、とにかく安いです。

看板メニューはどれも390円という安さ。吉野家の牛丼並盛で380円なので、他のチェーン店に負けていません。しかも、天丼なのでなんとなくお得感が増します。

ちなみに、大盛りは+110円で出来ます。看板メニューだと大盛りでも500円のワンコインで食べられます。

非常にお財布に優しいです。

ただし、季節限定メニューなどはそれなりの値段になっています。

うまい!

味の感想は個人個人で変わると思いますが、筆者は美味しく頂けました。

注文してから天ぷらを揚げているのでアツアツのサックサクです。メニューも充実していて、天丼のバリエーションはもちろん、天ぷら定食もあります。

天丼のタレに飽きてきたら、天つゆで楽しめます。

また、天ぷら単品での注文ができるので、自分好みの丼や定食が注文できます。ただし、既存の定食よりも割高になるので要注意。

早い!

注文を受けてから揚げると聞くと、結構時間がかかりそうに思えますが、そんなことはありません。

たしかに、吉野家と比べると遅いですが、なか卯のかつ丼よりは早く出してくれます。

かなり急いでいて1分1秒を争っている人は吉野家をおすすめします。そこまで急いでなくて天丼が食べたいという方は是非さん天に行ってみてください。

あとは、食券制なので食べ終わった後に清算待ちなど面倒なことがないので、おなか一杯になったら気分良く帰れます。

つづいてメニューの紹介です!

スポンサーリンク
広告