オゾン発生器で脱臭・殺菌! オゾンの効果や危険性まとめ

恥ずかしながら、筆者がオゾンについて知ったのはつい最近のことです。

それも、リビングやトイレや車の消臭剤について調べている時に、たまたまAmazonの関連商品でオゾン発生器を見つけました。

第一印象は「オゾン層的な何かかな?」という的外れなものでしたが、調べていくうちにオゾンのすごさがわかってきました。

今回は「オゾン発生器」について、まだ知らない方の参考になればと思い、自らが調べたものをまとめてみました。

おすすめのオゾン発生器はコチラ

おすすめオゾン発生器10選!
前の記事でオゾンの消臭・殺菌についてまとめてみました。 今回はオゾン発生器についてまとめてみたいと思います。 ...
スポンサーリンク
広告

オゾン発生器とは?

最近注目されている「オゾン」。オゾン発生器は、その名の通り「オゾンを発生させる装置」です。

では、なぜオゾンが注目されているのかというと、不安定なオゾンが分解されると、反応性の強い酸素原子になり、強い酸化力を持っているからです。
酸化力が強いということは、消臭・脱臭・除菌・脱色に効果が期待されます。

そもそもオゾンとは?

オゾンと聞いて多くの人が初めに思いつくのは「オゾン層」かと思います。オゾン層は地球を覆うオゾンの層です。

オゾン発生器から発生するオゾンはオゾン層のオゾンと同じです。

オゾンは酸素原子が3つ繋がっていて、「O3」と表されます。特徴としては、酸素原子の結びつきが弱く、簡単に分解してしまうことです。
前述のとおり、分解されると強い酸化力をもった反応性の強い酸素原子になります。

オゾンの活用法

オゾンが注目されてきたのは最近になってからですが、少し前から業務用などでオゾン発生器は活用されています。

例えば、ホテル業界でオゾン発生器を使用しているところも増えてきています。空室になった部屋をオゾンで消臭するのはもちろん、トイレなど臭いが気になる場所では、常時使用できるオゾン発生器を使用しているパターンもあります。

また、自動車業界でも使用されています。中古車販売業者では、前の所有者が喫煙者だった場合などは、効果抜群のようです。

販売業者だけでなく、タクシーにも使用されていたりします。

その他では、介護施設や保育施設、商業施設のトイレなどに使用されているようです。

オゾンの脱臭効果の仕組み

家庭のトイレや靴箱など気になる臭い対策としては、消臭剤や芳香剤を使いますね。

しかし、逆に芳香剤の臭いが気になったり、時間が経つと気になる臭いが出てきたりと困ります。これは、消臭剤や芳香剤が、基本的に臭いを別の臭いでごまかしていたり、臭いをコーティングしているだけだからです。

オゾンは消臭剤とは違い、臭いの原因となっている物質を酸化させ、別の物質に変えてしまいます。

臭いゴミも燃やせば臭いが消えますよね。それは、燃焼によって物質が酸化したので臭いが消えたのです。オゾンは燃焼させずに、常温で酸化させ臭いの元を絶ってくれます。

それって人体に影響があるのでは?

臭いの原因を酸化させるっと聞くと、人体に影響があるのではと気になるかと思います。

オゾンに毒性があるのは事実です。
普段の生活でオゾン濃度は0.005ppm程度と言われています。これが0.01ppm程度まで上がるとオゾン特有の臭いを感じます。なかなか表現しにくいですが、塩素系の洗剤を薄めた臭いがかすかにする程度です。
さらに、0.2ppm以上になると目まいなどの影響が表れ、50ppmともなると1時間以内に命を落とすと言われています。

こう聞くとコワイと思うかもしれませんが、家庭用のコンパクトなオゾン発生器には、そこまでオゾン濃度をあげることは不可能です。業務用の強力なものを使っても難しいでしょう。

メーカーの使用法を守れば、安全にオゾンを活用することができます。

オゾン水とも関係あるの?

オゾンが注目され始め、「オゾン水」というものが出てきました。オゾンが溶け込んだ水がオゾン水という認識で間違いはありません。

オゾン発生器を水の中に入れて作動し、ブクブクと泡がでてオゾンが溶け込めばオゾン水の完成です。

オゾン水ときくと水素水を思い出す方も多いかと思います。しかし、オゾン水は水素水とは違い、殺菌・消臭効果が実証されています。

都道府県などの自治体が上下水処理にオゾンを使用している例もあります。一般の企業でも、食品関連ではオゾン水の殺菌効果で食品を長持ちさせたりしています。

その他にも、ホテルの客室や自動車の洗浄、半導体の洗浄などに使用されています。

これを家庭に応用して、風呂・トイレ・水回りの掃除に、自家用車の洗車・車内の掃除などに利用され始めています。

水素水との大きな違いは、その効果が実証されている点にあります。

家庭でのオゾン活用法

これまで業務用としてオゾンが活用されてきましたが、一般家庭ではあまり活用されていませんでした。

しかし、一般家庭で使用できるオゾン発生器が開発され、徐々に普及し始めています。

ここまでで、オゾンの効果は理解できたと思いますが、では具体的にどんなところで、どのように活用するのかをまとめておきます。

生活臭

普段は気づかない生活臭ですが、外から帰ってきたときにする家独特の臭い。
そんな生活臭にもオゾンが有効的です。

家にいる間もつけっぱなしで使えるオゾン発生器でずっと消臭するもよし、少し強力なオゾン発生器で外出中に召集するもよし、生活パターンに合わせて選ぶことができます。

在宅ワークや主婦の方など、日中家にいることが多い方は有人環境でも使用できるオゾン発生器を、日中は仕事などで家を空けていることが多いかたは無人環境で使用できる強力な業務用オゾン発生器で一発消臭できます。

冷蔵庫・靴箱の臭い

リビングなどの臭いは特に気にならないが、冷蔵庫や靴箱など狭い場所でピンポイントに召集したい方もいるかと思います。

そんな方には、狭い空間で使用できるオゾン発生量を抑えたものが効果的です。

メリットとしては、比較的低価格で抑えられることですが、デメリットとしては、トイレやリビングで使っても効果がないので、使用範囲が限られてしまうことです。

安価で狭い空間に使用できる「スリムデオドライザー」はレビュー記事もありますので、参考にしてください。

BestFire スリム デオドライザーを使ってみた
BestFire スリム デオドライザーの仕様 おすすめオゾン発生器で紹介したスリムデオドライザーを使ってみま...

ペット・タバコの臭い

ペットを飼っている方やタバコを吸う方は気になると思います。

筆者も喫煙者なのですが、タバコを吸っている部屋というのは喫煙者でもすぐわかります。

ペットやタバコの臭いは空気中に漂っているだけでなく、壁・床・家具などにしみ込んでいます。なので、消臭剤や消臭スプレーを使って一時的に消臭できても、少し時間が経つと臭いが復活してしまいます。

このような臭いにはオゾンが効果的です。壁や床についた臭いの物質をオゾンの酸化力で分解してくれます。
ペットやタバコの臭いは家だけでなく、車でも気になる方が多いかと思います。もちろん、車内の臭いにも効果があります。

ただし、ペットが家にいる状態で業務用の強力なオゾン発生器を使用すると、ペットに悪影響が出る場合があります。
無人環境で使うオゾン発生器を使用する場合は、ペットも退避させて使用しましょう。

 野菜などの洗浄

ノロウィルスの流行などで、一般家庭でも食品衛生が意識されるようになりました。

スーパーなどで購入した野菜を水洗いするかとおもいますが、それでは目に見える汚れが落ちただけで、目に見えない菌は洗い流せてないないのではないかと思う方もいるかと思います。

そんな方は、オゾン発生器でオゾン水を作り、オゾン水で野菜を洗うといいかもしれません。

食品加工や飲食店などの現場、介護施設や保育所でオゾン水による洗浄を実践しているところもあります。食品加工でオゾン水を使ってるなら、家庭でオゾン水を使わなくてもいいのではと思うかもしれません。

しかし、スーパーでマスクをせずに咳をした人がいれば、その人から出た菌が野菜に付着している可能性もあります。普通の家庭なら、そこまで過敏になることもありませんが、お年を召した方や乳幼児がいる家庭では気になるところです。

また、もやしをオゾン水であらうと茶色く変色しにくくなったりと、衛生面以外でも効果があるようです。

 まとめ

消臭・殺菌に効果があるオゾンについてまとめてみました。

まだ広く普及していないこともあり、価格はそれなりにしますが、費用対効果を考えるとオゾン発生器を試してみるのもありかと思います。

ただ、Amazonなどで比較的安い値段で売られているものは、レビューを見る限りでは、あまり効果がなかったり、すぐに壊れてしまったりするようです。

すでに、介護施設や中古車業者などで効果が実証されているので、オゾン自体の効果は実証されています。あとは、どの商品を選ぶかになります。

お部屋やトイレの臭い、タバコやペットの臭いが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

もっと詳しく知りたい方は、オゾン発生器専門サイトもあるのでチェックしてみてください。

オゾンマート公式サイト:https://www.ozonemart.jp/

おすすめオゾン発生器10選!
前の記事でオゾンの消臭・殺菌についてまとめてみました。 今回はオゾン発生器についてまとめてみたいと思います。 ...