BestFire スリム デオドライザーを使ってみた

BestFire スリム デオドライザーの仕様

おすすめオゾン発生器10選!
前の記事でオゾンの消臭・殺菌についてまとめてみました。 今回はオゾン発生器についてまとめてみたいと思います。 ...

おすすめオゾン発生器で紹介したスリムデオドライザーを使ってみました。

まずは簡単に仕様の紹介から。

メーカー Best-FireR
原産国 中国
価格 1,700円~
重量 0.16kg
製品型番 GH-2128
オゾン発生量 明記なし
適用範囲 冷蔵庫サイズ (250L)

原産国中国という点で敬遠してしまうかもしれませんが、お試し程度の価格なので購入してみました。

取扱説明書は中国語と英語のみでしたが、日本語マニュアルが別添されていました。若干翻訳に難ありですが、理解できるレベルでした。

取扱説明書に、適用範囲が冷蔵庫サイズと明記されていたので、トイレやリビングでは効果がないでしょう。

本体サイズも冷蔵庫や靴箱を想定されているようで、かなり小ぶりです。

電力は電池なので場所を選ばず使用できます。ただし、乾電池は別売りなので、あらかじめ準備しておく必要があります。

取扱説明書には、単三電池3本で約3ヶ月使用できると書いてありましたが、おそらく連続使用していると3ヶ月も持たないと思われます。

オゾン発生量は明記されていないのでわかりませんが、モードが2つ用意されていて、強弱を切り替えられるようになっています。

「on/off」ボタンを押すと電源が入り、緑のLDEが点滅します。緑の点滅のときが「強モード」になります。

緑の点滅が2秒間隔の時は、30分の連続運転の後、1時間おきに1分間の運転を繰り返します。スリープ状態の時は、緑の点滅が10秒間隔になります。

「MODE」ボタンを押すと、オレンジ色のLEDが点滅します。オレンジの点滅の時は「弱モード」になります。

オレンジの点滅が2秒間隔の時、20分の連続運転の後、1時間おきに40秒の運転を繰り返します。スリープ時にはオレンジの点滅が10秒毎になります。

説明するとややこしくなりますが、簡単に言うと、「強弱が選る」「どちらのモードも連続運転するわけではない」ということです。

連続運転できないのは、オゾン濃度が高くなる危険があるからでしょう。

スイッチをいれると、オゾンの香りがほのかにするので、発生量はともかくとして、発生していることは間違いなさそうです。

ただ、稼働音がします。個体差があるかもしれませんが、モスキート音のようなキーンという音が鳴り続けます。

個人的に苦手な音なので、生活しながら稼働させることは難しいと思っています。

仕様紹介はこれぐらいで、実際に使ってみたレビューに行きたいと思います。

冷蔵庫で使ってみた

マニュアルにある通り、冷蔵庫に入れてみました。

当方の冷蔵庫のスペックは、単身用2ドアタイプです。冷蔵スペースと引き出しの冷凍スペースがあるタイプです。

容量も150L程度なので、適用範囲内に収まっています。

続いて内容物について。

  • タマネギ1/4(保存袋内)
  • キムチパック(開封済・保存袋内)
  • チューブ調味料(ニンニク・しょうが)
  • タマゴ(賞味期限内)
  • 缶ビール

ほぼスッカスカですが、一応料理はするので、それなりに肉や魚などの生物が入っている時もあります。また、豚キムチなどのためにキムチパックが入っていることが多いので、かなりキムチの臭いがついています。

保存袋に入れていても、キムチやタマネギの臭いは漏れ出してくるものですね。

結果

結論から言えば、キムチの臭いが消えたので、効果ありと言えます。

強モードで入れて4時間ほどで効果がありました。4時間といっても、連続運転しているわけではないので、実稼働は最初の連続運転30分と、その後の1分稼働数回でしょう。

それでも、冷蔵庫の広さでは効果がみられました。

冷凍庫は試していませんが、広さ的に効果がありそうです。

靴箱に入れてみた

冷蔵庫で効果があったので、靴箱でも試してみました。

自宅の靴箱には4足ほどしか入っていないので、実家の靴箱を借りて検証することに。

20足程度入る靴箱で、臭いというわけではありませんが、靴の臭いがこもっているという程度です。

雨などで濡れた靴は、すぐに靴箱に入れずに乾かしてから入れたりと、普段から気をつけているので、それほどカビなどはひどくないかと思います。

結果

効果ありでした。ただし、30分の連続運転を3回ほどさせて効果がありました。

ずっと入れておいて、気長に効果を待てばいいのでしょうが、せっかちなので、電源入り切りを駆使して、即効性を試してみました。

普段から、濡れた靴を入れない・泥などを落としてから入れるなど気を付けている甲斐もあってか、臭いはほぼなくなりました。

芳香剤とは違い、靴に臭いが付く心配もないので、弱モードで入れっぱなしにしておけば、継続効果がありそうです。

一人暮らしや、靴が少ない方はもっと効果が実感できるかもしれません。

トイレに入れてみた

冷蔵庫と靴箱で効果があったので、おそらくクローゼット程度の広さなら効果があるだろうということで、クローゼットは後回しでトイレで検証してみました。

広さは、狭くもなく広くもないという感じの、よくあるトイレです。特に消臭剤は置いていませんが、トイレスタンプ(シトラスの香)をつけています。

トイレ使用後や、下水の臭いがたまに気になるのと、トイレットペーパー特有の紙の臭いがするという感じです。

結果

冷蔵庫や靴箱と違って広い空間なので、あまり期待はしていませんでしたが、ある程度の効果は実感できました。

靴箱の時と同じく、30分連続稼働を駆使して効果が実感できました。

なので、トイレ使用後にスイッチをいれて出れば、次に使用する時には臭いは消えてるかと思います。

トイレ使用 → スイッチ入切 → トイレ使用 → スイッチ入切 ・・・・

という感じで、消臭スプレーをするかわりにスイッチオンを押せばいいのかなと思います。

狭い空間でしか使えないと思っていたので、トイレで使えるのはうれしい誤算です。

部屋で使ってみた

トイレで効果が実感できたので、クローゼットは大丈夫でしょうね。

ということで、お部屋で使えればコストパフォーマンスが跳ね上がると思い検証してみました。

  • 南向き
  • 和室6畳半
  • 3畳程度のじゅうたん
  • 窓有り
  • 日常生活の中心となる部屋
  • 飲み食いする
  • タバコは吸わない
  • 部屋干しすることがある

日常生活で滞在時間が一番長い部屋で、飲み食いもします。ただし、タバコは吸いません。

雨の日などは、部屋干しすることもありすが、柔軟剤のおかげで、部屋干しの臭いがするというほどではありません。

窓があるので、空気の入れ替えはしています。ただ、毎日ではなく忘れる日もあります。南向きということもあり、日当たりは良好です。

結果

寝る前にスイッチを入れておいたので、約8時間放置していました。

結論から言うと、効果は実感できず。

期待はしていなかったので、ガッカリというよりは、やはりという感じです。

畳の臭いもしっかり残っていましたし、いつもの変わりませんでした。8時間程度で効果を期待する方が無茶ですがね。

四六時中稼働させていれば、いつかは効果が出てくるかもしれませんが、稼働中のモスキート音が苦手なので、検証はできません。

まとめ

期待以上に効果が実感できました。

靴箱~トイレ程度の広さなら効果があるようですが、キッチンなど遮蔽されていない空間や、リビングなどの広い空間では効果がなさそうです。

上に書いたように、トイレで消臭スプレーの代わりにスイッチ入切で使えば、問題なく消臭してくれそうです。

かなり低価格なので、お試しで購入してみて、効果が実感できれば冷蔵庫用や靴箱用で追加購入するのもありかと思います。

ただ、繰り返しになりますが、個体差によりモスキート音がする場合があるので、苦手な方はご注意ください。

スポンサーリンク
広告