「C-Tec Duo」で一日禁煙してみた

C-Tec Duoパッケージ画像

スポンサーリンク
広告

空前絶後の禁煙世界

現代の日本は空前の禁煙ブームです。

ブームというよりも、喫煙者が住みにくい世の中になってきました。

レストランはもちろん、マックなどのファーストフード店でも全席禁煙が当たり前になってきました。

一昔前なら、子どもができたから・タバコが値上がりしたからという理由が多かったかもしれませんが、今では世の中禁煙傾向だから喫煙していては生きていけないというのが本音かと思います。

私も、そんな世の中を生き抜いている喫煙家の一人でございます。

街中を歩いていると、平気で歩きタバコをしてポイ捨てをする喫煙者が多くいます。

そんなことだから喫煙者全員が白い目で見られるのだ!っと言ってやりたい。

それはさておき、私も何度か禁煙を試みたことがあります。(失敗しましたが)

そして、流行の電子タバコに手を出したことも有ります。

あの有名なアイコスにも手を出したことがあります。今は知人に譲り渡してしまったため、普通のタバコを吸っています。

アイコスはニコチンもタールも含まれているので、禁煙には向かないことに気づきました。

とはいえ、アイコスのいいところは、臭いと煙が緩和されているため、室内ですっても服に臭いがついたり、壁紙が黄ばんだリすることが少ないです。

賃貸マンションに住んでいる方で、退去費用を考えてアイコスにしている方も多いのではないでしょうか。

今では数多くある電子タバコ。その中でも今回目を付けたのは「C-Tec Duo」です。

10年近く吸い続けたタバコを「C-Tec Duo」でやめられるかどうか試してみました。

「C-Tec Duo」とは?

C-Tec Duoパッケージ画像

一言で言うと、ニコチンもタールも含まれていない電子タバコです。

ニコチン0・タール0・副流煙0のクリーンなフレーバーで、ビタミンCが配合されているという点が特徴です。

フレーバーは、メンソールやオレンジなど7種類から選べ、1箱5本入りで1本約400回吸引できるようです。

公式ページはコチラ

「C-Tec Duo」スターターキット

「C-Tec Duo」スターターキット

今回は、とりあえずお試しということで、スターターキットを購入してみました。

  • C-Tec Duo本体
  • 充電器
  • カートリッジ2本
  • 専用クリップ

「C-Tec Duo」スターターキット セット内容

シンプルなセットで、まさにスターターキットという印象です。

カートリッジは、メンソールとエナジードリンクに固定されているのですが、好きなのを選べたら良かったのになと思います。

価格的には2,500円程度+送料なので、アイコスのことを考えると、かなり入りやすい価格になっていると思います。

アイコスはクーポンがあったとはいえ、すこし入りにくい価格でしたからね・・・。

「C-Tec Duo」の良いところ

  • 細身でおしゃれ
  • 電源ボタンがない
  • ニコチン0・タール0
  • タバコの臭いが一切ない

第一印象は本体がスリムで持ちやすいと感じました。

ただし、タバコよりは重量があるので、口にくわえたままでなにか作業をするということは難しいと思います。

その次に感じたのは、「電源ボタンどこにあるの!?」です。どこを探しても電源ボタンがありません。

取扱説明書を読んで気づきましたが、電源ボタンがなく、吸いたい時に吸えば良いのです。また、吸い終わっても特に電源を切ったりしなくてもいいのです。

アイコスでなれていたので、カートリッジを差して電源ボタンを押して、ランプの点滅が終わるのを待って・・・・というイメージがありました。

吸いたいときにすぐ吸えるのはかなり斬新でした。

「C-Tec Duo」の悪いところ

  • タバコを吸った感じはしない
  • フレーバーの匂いが合わない人も
  • カートリッジの価格
  • コンビニでは買えない

「C-Tec Duo」は個人的にかなり気に入っていますが、悪い点も挙げておきます。

まずは、ニコチン0・タール0ということは、タバコを吸っている感覚は全くありません。

副流煙も水蒸気になったフレーバーが口から出てくるだけです。

なので、アイコスのように、禁煙する気はないけど周りに気を使って電子タバコにしている人には向きません。

逆に、口元が寂しいから喫煙しているという人には、かなりおすすめです。

次に、カートリッジの種類です。

エスプレッソ(コーヒー)やエナジードリンクなど、少し変わったフレーバーがありますが、合わない人もいるかと思います。

吸っていれば慣れるかもしれませんが、好みが合わないと難しいかもしれません。

続いて、カートリッジの価格です。

カートリッジの価格と吸引可能回数を考えると、現状のタバコと比べて安いというともありません。

意識的に吸引回数を減らして使用するのであれば、タバコよりも安く済む場合もあります。

それと、コンビニなどでは販売しておらず、公式サイトからの購入しか手段がないため、うっかり買い忘れてしまうとすうと全く吸えなくなるのもデメリットかと思います。

公式ページはコチラ

一日禁煙してみた

では、実際に一日タバコを吸わずに、「C-Tec Duo」だけで過ごせるか試してみました。

  • 喫煙歴10年以上
  • ウィンストン・ミニ・ストレート・ブルー・8
  • 15~20本/日
  • 数回禁煙に失敗

前提として、喫煙歴は10年ほどになります。

普段は「ウィンストン・ミニ・ストレート・ブルー・8」という短いタバコを吸っています。喫煙時間短縮のためです。

ちなみに、以前はセブンスターを吸っていたので、8ミリでは物足りなさを感じています。

一日に吸う本数は、15~20本程度で、1日1箱吸わない日が多いです。

また、今までに3回ほど禁煙にチャレンジして失敗しています。

感想など

私は、どちらかというと口元が寂しくて喫煙しているタイプなので、1日ぐらいは苦労せずに過ごせました。

しかし、タバコを吸いたくはなりました。

特に、寝起きや食後、映画やドラマで喫煙シーンを観た後などは吸いたくなりました。

吸いたくなったときは、「C-Tec Duo」の特徴でもある、いつでも吸える機能をフル活用しました。

とりあえず、一吸いして口元が寂しくないようにするとう作戦です。

この作戦が上手くいったのかいかなかったのかは分かりませんが、1日「C-Tec Duo」だけで過ごすことができました。

ちなみに、フレーバーはエナジードリンクを使いました。

味はレッドブルを薄くしたイメージです。

なので、食後に吸うとデザート的な感覚になりました。逆に、コーヒーを飲みながら吸うと口の中で味がケンカしたいました。

繰り返しになりますが、口元が寂しい系の人にはかなりおすすめの電子タバコです。

反対に、ニコチンがないと吸った気にならない系の人にはあまり向いていないかもしれません。

いずれにしても、禁煙を考えている方は一度チェックしてみてください!

公式ページはコチラ

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする